Makefile

makeコマンドのための入力ファイル。 プログラムのコンパイルのための設定を記述する

簡単な例

foo: foo.c
        gcc -o foo foo.c
---------
    ↑はスペースでは無く、TAB

Cのソースファイル foo.c をコンパイルし、 実行ファイル foo を作成する

Makefile の中身

Makefileの中身は、以下の3種類

  • 空行
    • 空白文字(空白、タブ、改行)のみの行
  • 依存関係記述(ターゲット行+コマンド行)
名前 : ....        # ターゲット行
[TAB] コマンド     # コマンド行
  • 変数定義
名前 = ...
名前 := ...
名前 += ...
  • コメント文字(#)があると、改行まで無視される

make コマンドの使い方

make [-n] [-f makefile][-j n] target ...

例:

make
make target
make -n target
make -f makefile
make -j 4 install

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-10-04 (日) 17:43:43 (1329d)