チャイルドロボットプロトタイプ

どうも、メカ班の田口です。

大学ロボコンのルールが発表され、2ヶ月が経ちました。メカ班では例年通りロボコンの機体製作に取り組んでいますが、今年は動き出しが早く、ロボットの形がすでに見えてきました。

さて、僕は子供ロボットの製作を担当していますので、子供ロボットの製作までの過程を一部説明していきたいと思います。

子供ロボットは主な動作として、ポールウォーク、ジャングルジムの課題があります(詳しくはルールを参照してください)。

どう攻略しようか作戦会議をする中、ステージには軟鉄が使用されているので、電磁石を利用しようという声があがりました。そこで、U字ボルトにエナメル銅線を巻きつけ電磁石を作りました。

しかし、熱や吸着力の問題から実用までは、試行錯誤が必要であると感じました・・・が、先生のアドバイスからマグネットベースを使ってはどうかと提案があり、電磁石と並行して実験を行ったところ・・・

マグネットベース万々歳です。

NEC_0174

 

これ、3kgほどの機体をマグネットベース一個で支えております。さらに、僕が初めて手を出したウォームギアを使っての機体の回転もうまくいきました。

これに改良を加えて完成へいきたいと思ってます。

 

僕たちの目標はNHK大学ロボコン出場です。これからも、からくりサークルのみんなで精進していきたいと思います。

長くなりましたが、これで終わりたいと思います。

いい報告ができるように、これからも頑張るぞ!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です