Hello,Xbee!

Xbeeのあれこれをしました。

ハード面は基板発注前にテストしておきたかったのでブレッドボード上です。

とりあえずX-CTUを使ってコーディネータ側とルーター側の設定を行いました。

Tera Termを使って早速実験・・・ 成功しました。

次にArduinoに処理をしてもらうことにします。

ちょうど、20×4のLCDを買ったのでそれを使って実験・・・

成功しました!

Arduino2560はシリアルポートを4つもっているので便利ですね!

PC-Xbee側はFTDIのFT232RLの3番ピンがどことも接続されてなかったので半田付けしました。例のマイクロスコープを使って!

画像では分からないですが、一応PCからTera Termで打ち込んでLCDに表示できるようにしてます。

Arduino側のプログラムはこんな感じ

#include <LiquidCrystal.h>

#define RS      37
#define RW      
#define E       36
#define DB4     35
#define DB5     34
#define DB6     33
#define DB7     32
#define cols    20
#define rows    4
LiquidCrystal lcd(RS, E, DB4, DB5, DB6, DB7);
byte indata;
void setup() {
  Serial.begin(9600);
  Serial1.begin(9600);
  lcd.begin(cols, rows);
  lcd.clear();
}
void loop() {
   if (Serial1.available() > 0) {
      indata = Serial1.read();
      Serial.write(indata);
      static int c1=0,c2=0;
      if(indata==’n’ && c2<rows-1)c2++;
      else if(indata==’b’){
        c1–;
        if(c1<0) {c1=cols-1;c2–;}
        lcd.setCursor(c1, c2);
        lcd.print(‘ ‘);
      }
      else {
        lcd.setCursor(c1, c2);
        lcd.print(indata);
        c1++;
        if(c1>=cols){c1=0;c2++;}
      }
  }
}

カーソル合わせたり改行するの面倒ですねー 文のほとんどがそれ・・・

次はFusionPCBの発注ですかねー もう12月だ・・・

兎にも角にもこれで無線ヒャッハーできます^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です