By 101t6825

ラインハード&コース完成!

完成しました。こんな感じ↓

 

走ってる?  ・・・と思うじゃん?
静止してます(笑)

ギアボックス変更したら大変なことになったのでちょっと作り直しました。
後は本当にプログラムのみ!!

ここからが本番です。

さーて・・・ いつ完成するかな・・・

改良中!!

最近、去年作成したライントレースの改良を行っています。

見た目はこんな感じ↓

具体的には、
・昇圧回路の設置 ←動作確認済み 写真の真ん中にあります
・電池の固定 ←イマサラタウン
・タイヤ変更

タイヤは以前の自作タイヤが壊れたので、丁度よく1年生用の部品が届いたので使いました。

プログラムは、成松先生作のものを参考に改良を重ねています。
プログラムがどんどん長くなるので、やはり分割した方がいいのかも・・・

そんな感じです。 ロンリウム届かないかな~

あ、それと誤ってブログ連投してしまった2年生がいますが、ブログ編集の際は、エンターキーの連打には気をつけましょう。

LCD試作機完成!!

最近、Arduino講座のネタは無いかと模索中です。
今、LCD試作機ができました!!
こんな感じです。↓
hello!LCD.jpg
まだhello, world!!しか表示していませんが、これはプログラムの問題にはもってこいです。
なにせ文字表示してるだけですから。
ちなみにプログラムソースは下。なんと簡単な
#include <LiquidCrystal.h>

LiquidCrystal lcd(2, 4, 5, 6, 7, 8, 12);

void setup() {
  lcd.print(“hello, world!”);
}

void loop() {}

このネタが使えるのなら、ライブラリの使い方、可変抵抗器の使用法等のようなことを教えることができます。目に見えるのが素晴らしいので、わかりやすいし
何より使ってすぐ結果が分かるから楽しい・・・。しかし、ブレッドボードには難しく、直でつなげるとそれはそれで配線が面倒。何より10人分用意したら
LCDだけで5000円かかるという(笑)
ブレッドボードにはケーブルを通じてLCDだけで14本のジャンパワイヤを用いてつなげることもできるけど、今のところ一人10本だから厳しいなぁ。

出来ればライントレースに組み込みたいですが、7pinも使うという・・・

講義テキストが一通りできたら、今のライントレースに昇圧回路組み込みたいですねー。

kumaduiono試作製作完了!

昨日、夜にkumaduinoなるものの試作が完成しました。
これです。↓
kumaduino01.jpg

これは、部員にAVRマイコンの講義に用いるものなのですが、実は私は去年最後しか参加してなかったりします。
でも、一応少々使かえるようになれたので、是非新入生の方には1回来れなかったとしても出来るだけ参加してほしいです。

ま、まだ始まってないんですけどね。

具体的に何ができるかというと、・・・言い出すときりがないくらい便利です。
からくりサークルなので、電気を使ったものの制御等には欠かせないです。

新入生への講習には、LED、モータ、センサー等のようなものが使えるようになれる内容で話したいと思います。予定では、全4回の講習にしようかと考えています。講義テキストを作るのは大変そうなのでGWに回します(笑)

さて、そろそろ昇圧回路のテストとか、ライントレースの続きがしたいけどいつできるかな。
やっぱり2年の情電はきついゼ・・・

回路考慮中・・・

先週から、以前自作したリレーを用いた回路のテストをしていました。

↓こんな感じです。 ジャンパワイヤたくさん。。。
リレーテスト回路.jpg

先週届いた秋月の材料をたくさん使用しています。
フォトカプラとかは初めて使いましたが結構簡単に使えました。
主にブレッドボードの取り付けが大変だったきがする。。。 ピョーンってね

当初は、FETのことをよく知らなくて戸惑いました。
FETのゲートとソースの間の抵抗をつけないといけなかったっぽく、それまでノイズか何かで不具合が生じたからです。

今は解決して、どうしようか検討中です。。。

個人的には、マイコンカーラリーの様にかじ取りをサーボを利用したいのですが、長さが足りないっ!

どうしようかなぁ・・・